喪中はがきは一言手書きメッセージを添えるのはNG!友達にもだめ?

現在の喪中はがきは、定型文が印刷されたものを使うのが一般的とされています。

しかしながら、印刷されたものをそのまま送るのは味気ない、一言添えたいという方も中にはいらっしゃるでしょう。

そこで今回は喪中はがきに手書きで一言書いてもいいか、書いてはいけない内容などをご紹介します。

喪中はがきに手書きでメッセージを添えるのは基本的にNG

喪中はがきは、いわゆる『年賀欠礼状』と言われており

大切な身内が亡くなってとても新年を祝える気持ちではないので年賀状は控えさせていただきます」という意味です。

ですので、基本的に喪中はがきに印刷されてある定型文以外に手書きで一言添える必要はありません。

手書きでメッセージを加えても良い例外

一言手書きで添える必要がなくても、相手を気遣うものや故人に対するものなど、内容によってはもらった相手に対して良い場合もあります。

①お葬式に出席してくださったお礼

  • 「先日は葬儀にご参列いただきありがとうございました」
  • 「先日は遠路よりお運びいただき誠にありがとうございました」
  • 「生前は故人が大変お世話になりました」

 

参列して頂いたお礼を、喪中はがきに手書きで一言添えること自体はマナー違反にはなりません。

しかし葬儀に参列して頂いた方にはすでに『会葬礼状』を出しているはずですので、

「礼が重なる」=「不幸が重なる」としてよくないと思われる方もいらっしゃいます。

②体調が悪い方へ気遣う言葉

  • 「季節柄どうかご自愛ください」
  • 「寒さが厳しくなってまいりましたのでお身体を大切にお過ごしください」
  • 「その後のご加減はいかがでしょうか十分にご静養ください」

 

相手のことを気遣う手書きのメッセージは、印刷された文面よりも温かみが増します。

「自分のことをよく見てくれているのだな」という印象を持たれます。

 

③その他伝えたことがある場合

  • 「良い年をお迎えくださいますよう心からお祈り申し上げます」
  • 「今後とも変わらぬお付き合いをさせて頂きたく思っておりますので何卒よろしくお願いいたします」
  • 「皆様からの新年のあいさつは楽しみにしておりますので例年通りお送りください」

 

喪中はがきは年賀状で新年のあいさつを控えるという意味ですが、

来年のあいさつとして一言添えることもできます。

さらに相手から新年のあいさつを拒否することではありませんので、年賀状をもらうこともできます。

喪中はがきに手書きで一言添えるときの注意点

 

喪中はがきに一言手書きで添えることは、内容によってはいい場合もあることがわかりました。

しかし、手書きで添えるときにはいくつか注意しなければならないことがあります。

  • 「、」や「。」などの句読点をつかわない
  •  文面は短く
  •  親しい相手でもくだけた文面はNG

 

以上のことに気を付けながら一言添えるようにしましょう。

喪中はがきに書いていけないメッセージ

手書きのメッセージを一言添えると温かみが増すものもありますが、

内容によっては逆に相手や故人に対して失礼にあたる場合があります。

①お祝い事の報告

  • 「結婚しました」
  • 「〇〇に子供が生まれました」

 

喪中はがきとは本来「身内が亡くなってとても新年を祝える気分ではないので新年のあいさつを控えます」という意味です。

そこに慶事となるお祝い事を書いてしまうとちぐはぐな内容になってしまうので控えましょう。

②遊びや食事の誘い

  • 「またお会いしたいですね」
  • 「今度飲みに行きましょう」

 

このように喪中はがきにカジュアルな内容を書いてしまうと、相手にはいい印象を持たれません。

これは友人に対しても同様です。
喪中はがきに弔事と関係のない内容を手書きで添えるのは控えましょう。

お祝い事など伝えたい場合は寒中見舞いで

 

喪中はがきに書いてはいけない内容については寒中見舞いとして送ることができます。

寒中見舞いとはその名の通り、厳しい寒さが続く季節に送るごあいさつ状のことです。

喪中でも送ることができますし、喪中はがきと重複しても構いません。

お祝い事に触れる内容などは寒中見舞いを送りましょう。

送る時期ですが、松の内(元日から1月7日まで)という年賀状のシーズンが過ぎてから送ることができます。

ですから寒中見舞いは1月7日以降から立春(2月3日)までに送りましょう。

まとめ

基本的に喪中はがきは、印刷された定型文以外に手書きでメッセージを添える必要はありませんが、必ずしもマナー違反とも限りません。

喪中はがきに手書きでメッセージを添えるかどうかは、相手との関係性で大きく変わってきます。

また、もらった相手がどう受け取るかを考えることも大切でしょう。

手書きのメッセージは喪中はがきに添った内容を書くようにすることは大前提ですが、

相手を思い遣る気持ちや感謝の気持ちを手書きで添えることによって、喪中はがきをもらった相手も温かい気持ちになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です