喪中はがきと寒中見舞い両方出すはOK!送る時期と文例の違いは?

喪中はがきと寒中見舞いって、一緒に出しても失礼にあたらないのでしょうか?

結論から言うと、両方出しても問題はありません。

具体的にどのような違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

喪中はがきと寒中見舞い、両方出しても大丈夫

喪中はがき 寒中見舞い 

喪中はがきと寒中見舞いは両方出しても大丈夫です。

喪中はがきは、相手方に年賀はがきの準備の手間をかけさせないようにするとともに、自分が年始の挨拶をしないことをお知らせする挨拶状です。

一方、寒中見舞いは新年の松の内が明けてから出す挨拶状です。

不幸が年末に近くにあって喪中はがきを年内に出せなかったときや、年賀状を送付してくれた方への返礼として書きます。

また、そのようなこと以外にも通常の季節の挨拶状として書く人も珍しくありません。

まれに、喪中はがきを出す時期が遅くなり、喪中はがきを出した相手から年賀状を受け取ることがあります。

その場合、新年になってから同じ人へ寒中見舞いを出しても問題ありません。

喪中はがきと寒中見舞いの違いは?

喪中はがき 寒中見舞い

喪に服している期間中に新年を迎える場合には、喪中はがきを出します。

受け取った相手方はその返信を出しますが、受け取った直後ではなく、年が明けてから寒中見舞いとして挨拶状を送る人も多いです。

寒中見舞いは、服喪側が年末に押し迫った時に喪中はがきを出せなかった場合や、相手方が知らずに年賀状を投函済みであった場合などに松の内が明けてから寒中見舞いとして返事を出します。

喪中はがきは年が明けてすぐに出すものではなく、必ず松の内が過ぎてから出します。

また、夫婦間でも一方は喪中、一方は通常通り年賀状を出すということも珍しくありません。

お互いの社会的立場で喪中にしたくないという場合も多くあります。

夫婦連名で出している場合には相談をして決めるとよいでしょう。

文例の違い

【喪中はがきの場合】

定型文がありますので、絵柄と文を組み合わせて印刷依頼をするのが一般的です。

喪中につき年末年始のごあいさつを失礼させていただきます

父 ○○ 去る△月△日に〇歳にて永眠いたしました
本年中賜りましたご厚情を感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
向寒の折からいっそうのご自愛のほどお祈りいたします
令和*〇年〇月

*西暦ではなく和暦を使います。

【寒中見舞いの場合】

こちらも定型文があります。

喪中はがきと異なり、個人的な文言を自分で付け加えてもよいでしょう。

寒中お伺い申し上げます
早々にごていねいな年始状をいただきまして誠にありがとうございました
父○○は昨年△月△日に他界いたしました
旧年中にお知らせ申し上げるべきところ
ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます
厳寒のみぎり、どうか御身大切にお過ごしくださいませ

切手の違い

切手は慶弔切手と呼ばれるものがあり、喪中はがきに使用することがありますが、普通切手を喪中はがきに使用しても何ら問題はありません。

また、受け取った喪中はがきの返事としてお悔やみの手紙を書く場合には慶弔切手を使用することができます。

相手に対してお悔やみの気持ちを伝える手紙だからです。

逆に、寒中見舞いには慶弔切手は使用できません

自分が喪に服していることを伝えて年賀状を出せなかった意味で寒中見舞いを出す事は弔事に該当しないからです。

年賀状を出さずに寒中見舞いを出すときにも慶弔切手の使用は出来ませんので注意しましょう。

ハガキを出す時期の違い

喪中はがきを送る時期は「新年になる前」です。

12月初旬までに出すのが理想的ですが、それ以降になってしまった場合は、年が明けたのち寒中見舞いで挨拶をしたほうがよいでしょう。

「喪中だったのに、年賀状を出してしまった…」と相手に余計な気遣いをさせないような気配りです。

突然の悲しい出来事に遭遇してしまった親族は、なかなか時間が先に進まず余裕もありません。

気づいたら年が明けていたということもあるでしょう。

そのような時に利用できるのが寒中見舞いです。

喪中の連絡が遅れたお詫びをお伝えできる挨拶状になります。

寒中見舞いは喪中の人も、そうでない人も使用できる季節の挨拶状です。

喪中の方は年賀欠礼の意味があるので、1月7日頃から1月末くらいまでに寒中見舞いを出すのがよいでしょう。

松の内といっても地方によっては15日頃を指すこともあるので、早めに出すと安心です。

喪中はがきが間に合わない場合は寒中見舞いでOK?

喪中はがき 寒中見舞い

現在年賀はがきの発売は例年11月1日からで、年賀状投函の受付が12月1日より開始です。

12月25頃までに出さないと元旦に年賀状は届きません。

可能であれば、この年賀はがきの発売時期より少し前の10月中旬頃には相手に到着するように喪中はがきを出すのが理想的です。

実際には不幸はいつくるかわかりませんので、暮れのぎりぎりに喪に服することになったような場合には、喪中はがきは出さずに松の内が明けてから寒中見舞いで挨拶をするのが望ましいです。

無理に喪中はがきにこだわる必要はありません。

まとめ

喪中はがきと寒中見舞いの違いをご紹介しました。

9月頃までに喪に服することになった場合には先に喪中はがきを用意して、相手方に年賀状の準備をする手間を省くような気遣いができるとよいですね。

年末に近くになるにつれ、準備がおろそかになり間に合わなくなることもあるでしょう。

その時には慌てず、寒中見舞いとして年明けに挨拶をするようにしましょう。

書状やはがきを書く習慣があまりない人は、寒中見舞いという挨拶状が喪中はがきの代わりとして出すことができることを頭の隅に置いておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です