喪中はがきは故人の名前なしでも大丈夫?入れない場合の例文

喪中はがきを出す場合、故人の名前は必ず書かなければいけない?

喪中はがきをもらったけれど故人の名前が書いてない…どうして?

喪中はがきの正しいマナーってわからないですよね。

そこで今回は、名前なしによる喪中はがきの例文などをご紹介していこうと思います。

喪中はがきは故人の名前を基本的に入れるべき

喪中はがき 名前なし

喪中はがきとは、身内が亡くなってから初めての年末を迎えるまでに出すはがきです。

本来喪中はがきは誰が亡くなったのかを知らせるためではなく、「身内が亡くなり悲しさのあまり新年のご挨拶をご遠慮します」という意味合いの「年賀欠礼状」となります。

ですから、名前なしでも喪中はがきは成立します

しかし故人の名前なしの喪中はがきを受け取った側は、誰が亡くなったのか分からないと混乱や誤解を招く恐れがあるため、基本的には故人の名前を入れた喪中はがきが一般的です。

一般的には兄弟姉妹など、家族が多い場合はやはり名前を入れたほうが喪中はがきを受け取った側もモヤモヤしないで済みます。

喪中見舞いなどによる対応もしやすくなるでしょう。

事情がある場合は名前なしでも可能

喪中はがき 寒中見舞い 

基本的に故人の名前を入れるのが一般的ではありますが、人の死には様々な事情があります。

名前を知らせたくない、あえて名前を知らせる必要がないという人もいます。

喪中はがきは誰がいつ亡くなったのか、という訃報を知らせるものではないので、名前を伏せたいという思いがある場合は名前なしの喪中はがきでも差し支えありません。

名前なしで送る場合の例文

名前なしによる喪中はがきの例文をご紹介します。

文例①

喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます

今年中に賜りましたご厚情に深謝申し上げますとともに

明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

文例②

喪中につき年頭のご挨拶を謹んでご遠慮申し上げます

みなさまどうぞよいお年をお迎えください

これから寒さが厳しくなるおりから

どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます

文例③

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

平素よりのご厚情を深謝いたしますとともに

明年も変わらぬご厚誼のほどをお願い申し上げます

 

このように名前なしの喪中はがきは「喪中であること」「感謝の気持ち、思いやり」「来年も親しくお付き合いください」という文に焦点を置きます。

また手書きで一言添える場合、「また逢いましょう」や、「食事に行きましょう」などのカジュアルな内容は控えましょう。

大量に喪中はがきを送る場合はネット注文が便利です。

定型文やデザインの種類が豊富で出来あがりもスピーディです。

名前なしで送りたい時の例

名前なしの喪中はがきを送る時の例はいくつかあります。

 

  • 寿命を全うした死ではない(若くして亡くなってしまった)
  • 同じ年に亡くなった人が一人ではない
  • 人間ではない(ペット等)

 

これ以外にはがきの書式上、追記ができなかったなどもあります。

喪中はがきはあくまでも「喪に服しているので年末年始の挨拶ができません」、という意味が伝われば大丈夫ですので無理に故人の名前を入れる必要はないのです。

名前なしの喪中はがきをもらった場合

喪中はがき 名前なし

喪中はがきをもらったけれど故人の名前が書いていない。

親しいと思っていたのになんだかよそよそしく感じてしまい、悲しい気持ちになった…と思う方もいるかもしれません。

しかし、上記でも説明したように故人の名前を書かないのはそれなりの理由があるのです。

それぞれ事情があってのことなので、故人の名前を書いていないのはマナー違反だと非難せず、相手を思いやる気持ちをもって受け取るようにしましょう。

あれこれ詮索するよりも、お悔やみはがき(喪中見舞い)や寒中見舞いなどでお返しをしてあげると、相手もあなたの温かい気持ちにうれしくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

喪中はがきは基本的に故人の名前が書いてあるものが一般的ですが、個人的な事情があったり、書式の構成上入れることができなかったりした場合は名前なしでもいいことがわかりました。

また、このような名前なしの喪中はがきをもらった人も相手を思い遣る気持ちを忘れないでいてほしいと思います。

誰が亡くなったというよりも、喪に服している人に対してお悔みの気持ちを持つことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です