喪中はがきは親戚が亡くなった時どこまで出すべき?範囲は?

喪中はがきを準備するにあたって「喪中はがきってどこまでの範囲の身内が亡くなったら出すものなの?」と思ったことはありませんか?

喪中はがきを出す範囲は基本的には定まっていますが交流関係によっては大きく変わってくるのです。

喪中はがきは2親等までの親戚が亡くなった時に出す

喪中はがき 親戚 どこまで

身内とは「家族・親族」にあたります。

喪中はがきを出す範囲は、2親等までの親戚が亡くなった場合に送るのが一般的です。

親族とは「家族を含む6親等内の血族(養子縁組含む)、配偶者、3親等内の姻族すべての者」のことを指します。

親戚とは「その人の家族以外で血縁関係や婚姻関係の結びつきがある者」のことを指します。

2親等までの続柄

では1親等と2親等の続柄を説明します。

  • 1親等:父母・義父母・子供
  • 2親等:兄弟姉妹・兄弟姉妹の配偶者・祖父母・孫・義理の兄弟姉妹・義理の兄弟姉妹の配偶者、義理の祖父母

となります。

親子関係を加えるごとに1親等増える、と考えたほうがわかりやすいでしょう。

配偶者の祖母や兄弟姉妹が亡くなった場合は?

配偶者の祖母(義理の祖母)や兄弟姉妹(義理の兄弟姉妹)は2親等ですから喪中はがきを出す範囲にあたります。

しかし、故人と生前交流が全くなかったり、兄弟姉妹の縁を切っていたりした場合は喪中はがきを送らない場合もあります。

兄弟の配偶者が亡くなった場合は?

兄弟の配偶者(義理の兄弟)は2親等なので喪中はがきを出しますが、こちらも交流が全くなかったり、兄弟との縁を切っていたりした場合は喪中はがきを送らないこともあります。

3親等の叔父叔母(伯父伯母)が亡くなった場合でも喪中はがきを出すことがある

喪中はがき 名前なし

叔父叔母(伯父伯母)は「親の親の子」ですので3親等にあたりますが、同居をしている場合は喪中はがきを送る範囲に含まれます。

そのほか同居している養子も喪中はがきの範囲に含まれます。

2親等の喪中期間は3ヶ月

地域によって多少の違いはあれど、1親等の喪中期間は13ヶ月、2親等の喪中期間は3ヶ月と考えられています。

ですから、特別故人と親しい間柄ではなかった、縁を切っていたなどの理由があって喪中期間を過ぎていれば喪中はがきを出さないことは間違いではありません。

しかし、現在は2親等でも1親等と同じ喪中期間で考える人がほとんどですので、3か月を過ぎても喪中はがきを出す人が多いのです。

喪中はがきを出す相手の範囲

喪中はがき 寒中見舞い

喪中はがきを出す相手の範囲ですが、基本的には毎年年賀状を送っている相手に喪中はがきを送ります。

そのほか、その年にお世話になった人に年賀状をあげたいと思っていた場合なども喪中はがきを送っても良いとされています。

喪主の場合は、年賀状をやり取りしていた人以外に葬儀に参列してくださった人、故人が年賀状のやり取りをしていた人に対しても送る必要があります。

送りきれなかったり、亡くなったことを知らずに年賀状が来てしまったりした場合は寒中見舞いを出します。

亡くなったことを知らなかった人に対しては寒中見舞いで亡くなったことを知らせることができます。

そう考えると喪中はがきを送る枚数もかなり多いということになります。

忙しい毎日を送っている人でも喪中はがきの注文ができるネット注文がオススメです。

おたより本舗 喪中はがき

同じ身内である親族(親戚)に対しては、亡くなったことを周知しているから送らないでいいだろうと考え、喪中はがきを出さない人もいます。

しかし、喪中はがきは「新年の挨拶はご遠慮します」という年賀欠礼状ですので、送るのがマナーと考えられています。

普段年賀状のやり取りをしない親族(親戚)に対しては送らなくても問題はありません。

まとめ

今回は親戚が亡くなった場合、どこまで喪中はがきを出さなければいけない範囲なのかを説明しました。

2親等までに限らず、生前お世話になっていた、親しかった親戚の場合は親族間で話し合うなどして喪中はがきを出すことは、けっしてマナー違反ではありません。

喪中期間や親等に固執せず、「新年を祝う気持ちになれない…」という思いがあれば喪中はがきを出しても良いのです。

自分の気持ちと向き合って故人を偲ぶということは、マナーよりもずっと大切なことだと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です